医師が転職を実行する時は

医師が転職を実行するならば、次に勤務する病院を確定させてから今の勤務先に辞意を伝えるとよいでしょう。
加えて、90日程はみておいて様々な条件を比較検討しながら新たな医療施設を選ぶようにしたいものです。

先走って次の病院へ行くと、新たな病院もまた辞めかねないので、自分の希望する条件に適した病院を丁寧に探しましょう。
そうしないためには、譲れない条件を決めておくことが賢い方法です。

医療職員の方が新しい勤務先を検討する時は、契約内容でどのような点を優先するのかをはっきりと意識しておくのが大切です。
泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、できればお看取りの場は避けたい等、個人個人で病院への要望は異なります。

http://www.ciad-bg.org/