折り鶴オフを分析する

「善意っていうのは、社会関係とか人間関係の中で働くものだから、
僕の言葉で言えば『社会内的なもの』だし、『横の力』なんだよね。
でも、祭りっていうのは、それとは別に社会関係や人間関係に還元のできない
ある種の効果、『社会の外』だし、『縦の力』に属するじゃないですか。

ところが共同体の全体にとって意味を持つ何かが行われる時には、
必ず縦の力が呼び出される。
それも日本だけじゃない、あらゆる共同体の伝統があるわけ。

そうするとそれこそ善意でやってる人が集まって、共同的に何かをしようという振る舞いでも、
単なる2ちゃんねるの『祭り』じゃなくて、古典的な意味での『祭り』になっちゃう」

ある意味、大きな祭りにはしっかりしたリーダー的な人が必要だったのだ
と思う私はここのところ、
出来ちゃうけど中でもいいよ 神寺千寿が人を引きつけるのは
なぜなのだろうと考え続けているのだ。

民事的な問題ですぐに被害や損害を止めたい時は仮処分という方法がある

日常生活で誰かに民事的な被害を受けたとき、
それを止めさせるためには裁判を起こせばよい。
しかしこの方法には大きな難点がある。
それは、時間がかかりすぎるという事だ。

告訴をしてから判決が下りるまでには数カ月単位の時間がかかるが、
被害の中には即座に止めさせなければならないものや、
時間が経てば経つほど損害が大きくなるというものも多い。
そんな時に、裁判を起こして確定判決が下りるまで待っていられないだろう。

このような場合には「仮処分」という手段がある。
仮処分というのは、現実に被害が進行している場合に、
裁判所に「とりあえずの結論」を出してもらう手続きのこと。