出資法と利息制限法について

消費者金融やクレジットカードのキャッシングの金利に関係する法律には、
出資法と利息制限法の二つがあると聞きました。
二つもあるってことは、よほど悪質だからですか?
つか、二つの違いは何なの?

出資法ってのは略称。
正式名称は割愛するが、上限金利制限は29.2%。
利息制限法の上限金利は10万円まで20%、100万円まで18%、100万円以上15%。

フツーの登録業者の金利は出資法に基づいているが、
整理、調停では利息制限法で計算し直す。
この金利差をグレーゾーンと呼ぶ。

二つある理由は要は「本音と建前」らしく、29.2%って数字に確たる根拠はない。

秘密のバイトがバレて昼間の仕事をクビになったら

この件は、「プライバシーの侵害」と「クビになったこと」の2点に分けて考えられる。
チンジャオ娘 某有名私立大学ヤリサーの実態のことはひとまず置いておく。

まず「プライバシーの侵害」については、ここまで何度か説明してきた通りだ。
この件では、本人は別に掲示板などに自分の情報を書き込んだわけではない。
客が偶然昔の知り合いだったとか近所に住んでいるなどで、
本名を知っている人間に出会ってしまっただけだ。
この場合、それを掲示板に書き込むことは明らかなプライバシーの侵害になる。

しかし、「そのせいでクビになった」ということについてはどうだろうか。
クビになった、つまり労働の機会をなくしたことによって、確かに利益を逸失しただろう。